もうずいぶん長くもくきちのカトラリーを愛用して下さっているTさまより、フォークのお直しの依頼がありました

良い色合いになって来てますね〜

でも、先が結構痛んできています

先を磨き直してお直し(お直しの澄んだ写真を撮り忘れました)

こうして長く使って頂いたもの手に取る機会があると、どんなふうに使って下さっているのかが見えて有難いなぁ〜としみじみ__嬉しい
手入れして、お直ししてでもずっと使い続けたいと思ってもらえるようなものを作り続けていたい





百貨店の出店の時は、実演でスプーンを作っていることが多く、いろんな方が声をかけて下さいます

「大変やね〜」「根気のいる仕事やね〜」「もっと早く作る方法無いのん?」



「一つ一つ木のクセを生かして作っていくのが面白いんですー」
「面白いので時間忘れますー」
「少しずつ思う形に仕上がっていく工程がたのしいいんです」

1本仕上げるのに2.3時間もかかって2,000円ほどの価格じゃ「効率が悪い」となるのでしょうが、
一生どころか次の代でも使えるものをたった2.3時間で作れる、という視点で見ればとても効率のいい仕事
しかもあまりエネルギーを使わない

機械を使ってどんどん同じ形のものを作ったって面白くもない
「この木を使ってこの私が作るとこうなりました」というものを作っていたい











作っています__まだスプーンを・・・
今は少し大きめのカレーなどに良いサイズのを作っています

まだまだいろいろ作りたいのだけど、時間が足りなくなってきていて・・・・・
5月2日(水)〜8日(火)の1週間、いつもお世話になっている近鉄百貨店和歌山店5階の原商店さんの一角で「工房もくきちカトラリー展」をして頂けることになりました
と言うわけで、せっせせっせと作り続けているのです

いろいろなスプーンやおたまが並ぶ予定です! ぜひお越しくださいねー!
もくきちは、4・5・6の3日間実演でスプーンを削っていると思います


同じ期間、催事場では『岩合光昭写真展』開催__こちらも楽しみです!








小さ目のスプーンが少なくなってきたので__どんどん作ります!

丸太から鉈でほぼスプーンの形にまで切り出していきます
スプーンになれずに削り落とされていく木端の量は、スプーンになれる木の倍以上!

次に彫刻刀で形を整えていきます

ここでもどんどん削り屑がたまっていきます

どんどん溜まっていくこの木っ端は、冬には薪ストーブの燃料となり暖めてくれます
まだまだあと何十年も生きていけるであろう木を人の都合だけで伐り倒してしまっているのですから、できるだけ全部を使いきってやらねばなりますまい___そして作られたものはできるだけ長く大切に使い続けて行かねばなりますまい








完成しました!新しい形のスプーン
 
シュッとした形にしたかったんだけど、今一つシュッと感が少ないかなぁ・・
和でも洋でも使えるようなものが良いかなと・・・

おたまも完成しました!

やや木のクセからは外れているのですが、柄が曲がっている方が使いやすいと言われる方が多いので作ってみました

カッティングボードもなくなっていたので、シデとサクラの木で作りました


明日から「泉州焼陶器まつり」
天気予報は午後から雨___やっぱり・・・・








<<new | 1 / 18pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
お問合せ
ご注文、お問い合わせは 下のLINK「工房もくきちカタログ」のメールフォームよりお願いいたします
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.