この間頂いてきたケヤキとヤナギの木で「ニマ」を作りました

ケヤキ


ヤナギ


少し黒くなってきているところが水墨画のようで渋い器になりました

まだかなり水分の残った生木で作ったので割れやしないかと心配でしたが、今のところ大丈夫!
来週の近鉄百貨店での展に持って行く予定なので、空調の効いた室内で耐えられるでしょうか・・・
加湿器を忘れず持って行かなくちゃ!!恐い恐い!








カエデの木でお皿とボウルを作って欲しい、とのご注文

お皿はワンプレートで色々盛れるように大きめで、とのことだったので26僂悩遒蠅泙靴


カエデでこの大きさのお皿は今まで作ったことがなかった、けど良い!
特にこのカエデは杢がやさしくて色もきれいだから、良い!

良いお皿になったので、きっと喜んでもらえるでしょう!







お孫さん用に、食器のセットとそれが全部乗るトレイを作って欲しい、とのご注文

で、こんなの出来ました!


旋盤で作るものはもう慣れているので失敗は無いのですが、トリマはまだ使いこなせてないので小さなミスが多々たたた・・・
何とか手作業で修正__もきれいに仕上がらず・・・・
頭の中にある完成図はスキッとしてるのだけどなぁ・・・・・

機械で出来ることの限界、手作業で出来ることの限界、お互いを補えられる技術がまだ足りてない



このカエデのボウルは良い形に出来た! 慣れた旋盤仕事は楽しい!







前々から作ってみたいと思っていたアイヌの伝統工芸品「ニマ」
手彫りの刳り鉢の事なのですが、内側だけ旋盤を使って作ってみました

木の表皮を残すかまぼこ型から作っていきます


ヤマハゼの黄色を使ったら、きっとかわいくなるだろうと__


ヤマハゼは太い木ではないので小さいものしか作れませんが、かわいい形なので小物を入れたりおつまみを入れたりするのにも良いかも__そのまま置いておくのもいいかな

もう少し大きいのも作れるといいんだけどなぁ・・・








久しぶりに刳り皿を作りました__トチとカエデのサーモの木で
刳り皿は、彫刻刀で一彫り一彫りシャコシャコシャコシャコ(サーモの木を削るとこんな音に聞こえる)
旋盤で作るのに比べると、断然時間もかかるし力もいる__
その分、その静かな一彫り一彫りの時間が木との距離を縮めてくれる
でも気持ちは入りすぎず、程良く離れたところから仕上がっていく様子を愉しんでいる__
機械を使わないことの良さは、こういう静かな愉しみ方が出来ることかもしれない


今年は「作る」ということを改めて考え直してみようと思っている
一つ一つの作業とどう向き合い、どう作り上げていくか

すぐに答えは出ないかもしれないけれど、なかなか面白い取り組みになりそうだ








<<new | 1 / 11pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
お問合せ
ご注文、お問い合わせは 下のLINK「工房もくきちカタログ」のメールフォームよりお願いいたします
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.